|    News!    |    Concept    |    Profile    |    Lecture    |    Consulting    |    Contact    |    Facebook    |

●伝えたい想い

Img_d31ff9ecda7befa9c623986a5618eb50
シンプルにここちよく暮らしたい
茶道を知り、”物” はただの道具ではないという事を学びました。

”物” を整理し、収納する…
それは身の周りを見直すこと。
そして、時には人生を見つめ直すきっかけでもありました。

少ない物でも心豊かに暮らしていた時代に知恵を学びながら、

現代に合った生活の提案をしています。


 □ 和ナチュラル □



〜 自然に寄り添い、ありのままに暮らしたい 〜


着物に袖をとおす度、自然が身近だった昔の生活に想いを馳せます。

効率化が加速する現代社会。
一人ひとりの「本当に大切なこと」に焦点を当てるなかで、心にゆとりを
持って生活することの大切さを実感しています。


また幼少時アトピーに苦しんだ経験から、生活全般に渡り自然素材に
強い関心を持ち、手作り石鹸、重曹、クエン酸などを利用して、
できる限り合成洗剤に頼らない生活を実践中です。


 □ ノーマライゼーション □



脳の特性により片付けや時間管理が苦手といわれる発達障がい。
そのなかのADHD傾向が強い母との生活から、幼い頃より”片付け”が
家族に及ぼす影響、ひいてはコミュニケーションに多くの課題を
感じながら成長しました。

さらに父が身体障害者のため、どのような方にもラクで使いやすい
仕組み作りや行動動線を常に意識しています。


また、生活環境を見直すことで前向きな社会参加に繋げて欲しい、
その先に障がいの有無に依らず持っている能力をありのままに
発揮できる社会を目指して、
「NPO法人 暮らしデザイン研究所」を設立して活動しています。

●屋号の由来


 難波の葦は伊勢の浜荻

という言葉があるように、屋号「浜荻」は葦の別名です。
かつて日本の水辺には多くの葦が生え、そこには様々な生き物の営みがありました。
もちろん人も例外ではなく、その水辺から数えきれない程の恩恵を受けてきました。

人が生きてゆく上で欠かせない水。
特に日本人にとっては単に飲み水や生活用水というだけでなく、
暮らしをうるおすという役割も担ってきたように思います。

物との関わりを見直して頂くことで、暮らしのうるおいに繋がれば…、
と願っています。