|   News!   |   Concept   |   Profile   |   Lecture   |   Consulting   |   Contact   |   Facebook   |  
Img_fcc42b53f04ff03bd16577f39f96b38c
Img_c439be43a52e77ffcc1fecc943a0d5b8
先日、一般社団法人日本片づけ整理収納協議会の設立記念パーティーがあり出席してきました。

私が理事長を務めるNPO法人暮らしデザイン研究所も、正会員として準備会から出席してきましたので、今後も皆さんとは連携を図って行くことになります。

パーティーには、200名の関係者が集まり、華やかかつ、パワフルな時間となりましたよ♪



お疲れぎみだなぁ〜と

感じた時は…



近所の
Img_78070f966b5eef92afc8ffd70ac3e890
天狗堂 海野製パン所

とか…


前から気になっていたカフェ
Img_70d6340f74981f53918bf8db2d01b96d
喫茶 ウズラ

とかをうろうろ。。
Img_6caaef459ebb1e0944c9161fa0538d55
宇ゐさんの「なれゐて探究会」に参加してきました♪

今回のテーマは「麻」。

着物で麻というと、7、8月の夏物として身にまとうのが一般的。
帯だけは6月から締め始めます。


今回、麻について教えてくださった宇治の青土さんのお話は、
そんな固定概念を覆されるものでした♪


古来より衣服に用いられてきた「麻」。
麻という言葉の定義は、植物から採取される繊維の総称で、
大麻(ヘンプ)や苧麻(ラミー)がその植物名になります。
この2種類は日本に自生していたもの。

一方、現在の私たちが手にする機会が多いのは、
北ヨーロパに分布する、亜麻(リネン)。

これらの種類をその特徴に合わせて着分けることで、
通年で着用することも可能なのだそうです。


これまでの夏の楽しみといえば、
麻の着物に袖を通すことでした。
特に、襦袢のしゃり感はなんとも癖になります ^^

でも今回、その性質とメンテナンスの易しさも知り、
もっと長い期間、身につけたいなと思うようになりました♪
Img_55aa38983073c5516536771ab004ae2f
着物に触れるのは、外せない楽しみです ^^
Img_b36a04c3f8354330ce36b2c6118b1431
様々な植物繊維を撚ったもの
Img_046c8a7bed8a3862a806da3cbbcce711
日本、韓国、中国の機が並んでいます。こちらは、日本のもの。
Img_36a97dd404360f34e057d3945924bb61
麻のイメージを変えるグラデーション
Img_6610d05b4638f82bca7e0a7f3d31c902
青土のご主人。ラフな着こなしが素敵です!
Img_a52e3b4a42c92690503aade404a467da
腰には泥染の麻の兵児帯が締められていました☆
[参考サイト]
宇ゐ  →   (Click!) 
青土  →   (Click!) 

所属する、京都・滋賀 整理収納研究会の

ブログ当番!


ちょっと遅れての更新です (・_・;

  →   (Click!) 
Img_49f99382b9f2a05aa98c6acb4718dcd3

関心を持ってくれている皆さま、ありがとうございます♪


ついさきほど、hamaogiのFacebookページで

100いいね!を達成しました ^^



こちらのページでは、整納舎 浜荻のイベント情報だけでなく、

私、森下が関心を持った「和」の情報をシェアしています。


いいね!を気軽にクリックして楽しんで下さいね☆



さて、嬉しいことがもうひとつ。

浜荻5周年の記念PARTYの開催場所が決まりました!

出町柳の素敵なカフェです〜。


詳細はのちほどUPしますね〜。